認知症徘徊の対応

“イザ”に備えることが最優先

認知症徘徊には目的や原因があります。一番初めにすることは、「市区町村や地域包括支援センター、ケアマネジャーなどの専門職に相談する」ことです。お住まいの市区町村・地域で早期発見ができるように緊急連絡先や写真などの情報を「事前登録」することもできます。そのうえで、徘徊する目的や行動パターンを理解し”イザ”に備えることです。

認知症徘徊の対応は、本人の活動の自由(尊厳、徘徊が運動となり症状の緩和にも関係する)と安全を確保するという相反する性質があるため、対応方法は家族の価値観や考え方によって大きく異なるという現状もあります。また、玄関や部屋、ベランダ等のドアに鍵をつけ外出を制限することは周辺症状(BPSD)[せん妄、抑うつ、興奮、徘徊、睡眠障害、妄想など]を誘発し、介護負担を逆に増やしてしまうという症例や災害時に避難ができないこともありますので、ご家族で慎重な判断が必要です。

まず“名前と連絡先を書き”イザに備える

お金を持たさなくても、タクシーなどに乗車してしまい降車時に認知症であることに気づくケースもあります。徘徊がある場合は、まず最初に洋服や持ち物に名前や連絡先を記入しましょう。(アイロンプリントなども有効です)

行動パターンを把握すると迅速な初動がとれます

徘徊すると●●に行く、という予想

万が一徘徊がしても「きっと●●にいるだろう」と予想ができると、初動時にも大きなヒントのひとつになります。仮にGPSを持ち出さず徘徊しても、行動パターンを把握しているのと、手当たり次第に探すのでは大きな違いがあります。そのためにも、GPSを活用することはひとつの効果的な手段となります。

補助錠を活用して出入り口を限定する

サッシや窓など出入りが可能な場所に「補助錠」を取り付けているケースもあります。「補助錠」は防犯(外から開かない)が主目的のため、室内から取り付けるのでご自身で鍵を開けることもできますが、これまでのケースですとご自身で鍵を外す可能性は低いと考えられます。出入り口を玄関などに限定し、玄関に以下のような「人感センサー」を設置している場合もあります。

人感センサーで人の動きを把握

「補助錠」で出入り口を限定し、玄関などに人感センサー(チャイム)を設置しているケースもあります。送信機を玄関(1階)に設置し、受信機を夜間は枕元(2階)、日中は聞こえやすい場所に移動させる方もいます。受信機は音や光で動きを教えてくれますが、夜間熟睡により音に気付かない場合もあります。

玄関に外鍵を付ける

夜間や急な外出時に家から出れないように外鍵を付けるケースもあります。「補助錠」と同様に室内から設置をするため、室内から取り付けるのでご自身で鍵を開けることもできます。また、火災や地震などの災害発生時に、ご本人だけで外に出られないということも考えられます。

自宅にご本人しかいない状況で、全ての出入り口を施錠すると災害時に避難ができませんので、ご家族の慎重な判断が必要です。
行方不明になった場合は最寄りの警察署へ「捜索願」を提出し、行政やケアマネジャー、関係者に連絡をしましょう。また、行方不明のまま見つからない場合は各市町村において保護されている場合がありますので、厚生労働省の「行方のわからない認知症高齢者等をお探しの方へ」を参照してください。

ブログ一覧

  1. GPS座標(緯度経度)